清水サッカー協会/静岡県サッカー協会中東部支部

鈴与株式会社

グランド予約状況

今月の予定


静岡県サッカー協会

静岡ユースサッカー

清水サッカー協会(旧サイト)


事務局

〒424−0924
静岡県静岡市清水区清開2-1-1
清水総合運動場体育館内
TEL : 054-337-0302
FAX : 054-337-0722

【平日】10:00〜18:00
【土/祝】9:00〜17:00
【休業日】日曜日/祭日/
     第一月曜日(施設休業日)

2019年度 事業報告

2019年度後半は、新型コロナウイルス感染拡大のため、2,3月のシニアや高校等、多くの事業が中止となり、サッカー仲間との再会やサッカーで技を磨きあうことができず、大変残念でした。
以下、重点施策を中心に報告します。

 

1.各種大会での顕著な実績
 1種では、静岡市役所清水サッカー部が、東海大会で優勝し、全国自治体職員サッカー選手権に出場。2種では、清水桜が丘高校が県総体決勝で静岡学園を破り、4年ぶり2回目の全国大会に出場し、残念ながら2回戦で、優勝した桐光学園にPK負けをした。東海総体では優勝。清水エスパルスユースが日本クラブユース選手権東海大会で優勝し、全国大会に出場。国体ではエスパルスY中心の静岡県選抜が広島選抜を破り、8年ぶりに優勝を飾った。3種では、清水エスパルスJYが全国大会出場、FC桜が丘が東海大会出場。県中体連では東海大静岡翔洋中が県中学サッカー選手権で優勝した。4種では、清水エスパルスU-12清水が県しんきんカップ・NTT西日本グループカップで優勝。フジパンカップ東海大会も制した。

 

2.静岡市への要望事業
 
蛇塚北Gアップ場の人工芝化、富士川河川敷Gの整備については、スポーツ振興課とも協議しながら改善への方策を検討中。また、念願であったシニア年代の使用料減額については、市内の施設全体の使用料が上がる中、学生及びシニア価格については減額となった。新スタジアム建設要望のパネルディスカッションでは、300人を超える人が集まり、大変盛り上がりを見せ、引き続き要望をしていきたい。

 

3.エスパルスとの連携
 全国少年少女草サッカー大会時に行う講習会に、エスパルスの斎藤トレーナーに講師をお願いし、わかりやすく楽しい指導をしていただいた。4種トレセンには、エスパルス指導者に指導をしていただき、レベルアップが図れた。また、市民大会やエスパルス杯ママさん大会・エスパルスJY大会、香港チームのサッカー教室等、多くの事業に後援・協賛をいただいた。

 

4.4種・女子・中体連登録人数減少対策
 登録人数減少対策として、キッズサッカーフェスティバル及びガールズサッカーパティを実施し、清水・静岡から昨年より150名参加者が増え、男女あわせて350名が集まり、サッカーを楽しむことができた。また、中体連でも「だれトレ」を実施し、中体連活動時間減少の中、レベルを問わずサッカー好きの選手が参加し、楽しむことができた。また、4種では、低学年を中心に普及活動を実施した。

 

5.国際交流の充実
 台湾遠征を中東部支部と協力して実施。3種トレセン(中3)は、8月に新竹縣及び桃園市に遠征し、サッカーを通して国際感覚を身につけることができた。清水FCJY(中2)も3月に台湾屏東へ遠征予定だったが、新型コロナウイルスのまん延防止のため、大会が中止となった。草サッカー大会では、台湾7・香港4・中国4・メキシコ1・韓国1の合計17チームが来静し、サッカーを通して国際交流を行うことができた。

 

最後に、多くの種別でチーム数や登録者数の減少傾向がみられ、今まで通りの活動が大変になってきている中、各種別・委員会で、多くの事業を改革しながら取り組み、成果をあげていただきました皆さま方のご尽力・ご労苦に感謝いたします。また、1日でも早く新型コロナウイルスの感染が収束し、外で楽しくサッカーができることを願って事業報告とします。