清水サッカー協会/静岡県サッカー協会中東部支部

組織概要

一般財団法人静岡県サッカー協会中東部支部 組織概要
NPO法人清水サッカー協会 組織概要

一般財団法人静岡県サッカー協会中東部支部とは?
一般財団法人静岡県サッカー協会(以下「県協会」)の支部として、静岡県中東部(静岡市清水区)におけるサッカー競技全般に関する事業を行います。 主な役割としては、 1.日本サッカー協会(以下「日本協会」)、県協会に登録する中東部地区内の選手とチームの登録窓口 2.全国大会、静岡県大会が中 東部支部内で行われる場合の運営 3.全国大会、静岡県大会の中東部支部予選の運営 4.その他指導者や審判の養成・管理などがあります。※一般財団法 人:行う事業の公益性の有無にかかわらず、剰余金の分配を目的としない財団
県協会との関係とは?
前記のとおり、日本協会や県協会と、支部内のチーム・選手をつなぐ役割があります。県協会の定款や事業計画、予算などに基づいて、様々な事業を行います。事業の実施にあたっては、原則として、支部の役員の合議によります。
他の支部との関係は?
中東部支部は、葵区・駿河区を対象地区とする中部支部と静岡市の行政区域を分け合っています。基本的には、それぞれ独自の役員を置き、事業を行っていますが、2種(高校生年代)や3種(中学生年代)の各種大会の中には、合同で予選大会などを行うこともあります。
NPO法人清水サッカー協会との関係は?
支部内にあるNPO法人清水サッカー協会(以下「清水協会」)とは、法律的には対等な関係にありますが、日本協会と県協会の事業に清水協会が関わる場合には、支部の指揮の下で活動することになります。